◆今日のワンショット

 
 
ベニシジミ

チガヤの葉にとまり日向ぼっこ中のオス。
ご覧の通り新鮮で今シーズン最終盤の羽化個体と思われる。

【兵庫県東播磨:2017年12月9日撮影】


  
 

ヒメアカタテハ

コスモスの花で吸蜜中。
畑の土手のヨモギには、多くの本種の幼虫が越冬巣を作っている。

【兵庫県東播磨:2017年12月3日撮影】


  
 

モンキチョウ

コスモス畑で求愛飛翔中のペア。
メス(右)の前を飛び、求愛するオス(左)。
温暖な当地では、本種はほぼ一年中見ることが出来る。

【兵庫県東播磨:2017年12月2日撮影】


 
 

ムラサキシジミ♂

シラカシの葉の上で日向ぼっこ中。
当地独特の地形「谷戸(やと)」の最深部、南向きの斜面は風も当たらず暖かい。

【横浜市:2017年11月25日撮影】


 
 
 
モンキチョウ♂

満開のコスモス畑で蜜を吸う。
気温が低いためか動きは鈍く、しばらくすると地表に降り日向ぼっこを始めた。

【兵庫県東播磨:2017年11月19日撮影】


 
 
ウラナミシジミ♂

シロバナセンダンクサの残り花で蜜を吸う。
さすがにこの時期になると翅の破損が目立つが、飛びは相変わらず速い。

【兵庫県東播磨:2017年11月19日撮影】


TOPに戻る