◆今日のワンショット

 
  
ツマグロヒョウモン♀

満開のアカソバの花で吸蜜するメス。
白い花も良いがこの通りピンクの花も捨てがたい。むせかえるような甘い香が漂っている。

【横浜市:2017年10月9日撮影】


 
 
   
クモガタヒョウモン♀

日当たりの良い民家の庭先、ヒメジオンの花で吸蜜する。
渓谷の中にぽっかり空いた平坦な土地、ここの集落は半分以上が空き家だろうか。

【山梨県:2017年10月8日撮影】


 
 
ウラナミシジミ♂

ハギの花で蜜を吸うオス。
この時期になると一気に数を増し、いろいろなところで出遭う。

【兵庫県東播磨:2017年10月1日撮影】

 
 
  
クモガタヒョウモン♂

日当たりの良い廃屋の庭先、キク科の花で吸蜜する。
近年、兵庫県では激減しており、秋に出遭ったのは実に10年ぶり!減った理由はシカの食害か?

【兵庫県北播磨:2017年9月30日撮影】


 

クロアゲハ♀

渓谷の明るい陽だまり、アザミの吸蜜する。
この花株にはアカタテハ、ミドリヒョウモンを始め多数のハナアブやハチが集まり大賑わい。

【兵庫県但馬:2017年9月30日撮影】

 
 
 
ヒサマツミドリシジミ♀

正午前、ウラジロガシの葉の上でV字開始翅する。
このあと葉の茂みに潜り込み産卵する仕草を見せるが実際に産卵したかどうかは確認できなかった。

【兵庫県但馬:2017年9月24日撮影】


 
 
メスグロヒョウモン♀

コナラの樹冠にとまる。
サワヒヨドリで蜜を吸っていたところへ不用意に近寄ったため、吸蜜シーンの撮影チャンスを失してしまった

【兵庫県東播磨:2017年9月23日撮影】


 
 
ヒサマツミドリシジミ♀

秋の陽ざしの下、ウラジロガシの枝先を飛ぶ。
翅はまだそれほど破損していないが、一旦産卵が始まると一気に破損が進む。
*被写体まで20M以上、思いっきりトリミングしています。

【兵庫県但馬:2017年9月18日撮影】


 
 
 
キアゲハ♀

墓地の一角、アレチハナガサで蜜を吸う。
当地では盛夏8月はほとんど見られないが、9月になると一気に数を増す。

【兵庫県東播磨:2017年9月17日撮影】


TOPに戻る